「医学部を語る〜北海道編〜」イベントレポート(2016年夏実施)

2016年度入試結果

北大・旭医では、AO・推薦入試において、合格者数がそれぞれ5名不足していたので、一般入試の前期日程の募集人員が5名追加されました。

北大
2011年度からAO入試(募集人員5名)が導入されましたが、2011年度に2名、2012年度に1名の合格者を出して以降、4年間合格者0名の状態が続いています。第2次選考の課題論文、理科の口頭試問、そしてセンター試験9割以上という点が、合格をはばむ要因となっています。
札医
志願者は減少しましたが、合格者数は募集人員通りの人数となりました。
旭医

推薦 道北・道東枠において、募集人員10名に対して、合格者は5名で5名不足となりました。

推薦は、居住地域限定などで出願者が限られており、その中でセンター試験の基準点をクリアできた受験生が少なかったことが理由と考えられます。

次のページ:一般入試 »