医学部誕生物語

昭和前期 :: プロローグ「医学部誕生の時空見取り図」

官立の医学専門学校は大正11年[1922]から翌年にかけて大学に昇格した。私立熊本医学校は大正11年[1922]県立に移管され大学に昇格した(のち官立に移管されて現在の熊本大学医学部へと続く)。

大正時代 :: プロローグ「医学部誕生の時空見取り図」

帝国大学には東北と北海道が加わり、それぞれに医科大学が設置された。東北帝国大学医科大学設置と同時に仙台医学専門学校は廃止された。その移行過程には、医専・医大・帝国大学の超えがたい格差の溝が垣間見える。

明治30年代 :: プロローグ「医学部誕生の時空見取り図」

第2の帝国大学として京都帝国大学が誕生し、明治32年[1899]に医科大学(京都)がスタートし、更に明治36年[1903]には福岡にも医科大学(京都帝国大学福岡医科大学、のち九州帝国大学医科大学)が設置された。

明治20年代 :: プロローグ「医学部誕生の時空見取り図」

明治19年[1886]、東京大学医学部は帝国大学医科大学となった。全国あまねく設立された公立医学校のほとんどは一斉に忽然と消滅してしまう。生き残ったのは官立に移管された5校と、公立のままで存続する3校(愛知、京都、大阪)だけである。

明治10年代まで :: プロローグ「医学部誕生の時空見取り図」

慶応4年=明治元年[1868]、新政府は西洋医学採用の方針を宣言し、試験による医師免許制度を予告する。また幕府管轄の東京と長崎の医学校を接収して官立とし、大阪にも官立医学校を設置する。しかしまもなくそれらは東京の医学校に集約されてしまう。

プロローグ「医学部誕生の時空見取り図」

現在の医学部(医学科、医学類。以下では単に「医学部」と言うことにする)は国立42、公立8、私立29、それに防衛医科大学校の総数80学部ある(2015年6月現在)。国立医学部が半数以上を占めていることから、明治以降の医学教育機関の設置は国立中心に行われてきたかのように考えられやすい。