「医学部を語る〜東北編〜」イベントレポート(2017年夏実施)

2018年度の東北地区国公立大学医学科の変更点は、東北大学のAOⅡ期の新規実施、また、それに伴うAOⅢ期、前期入試の募集人員の減員があげられます。(表6)

表6 2018年度入試 東北地区国公立大学医学科変更点一覧

※他に山形大学で定員5人減(前期10人減、後期5人増)と弘前大AOⅡ期地域枠3人減の予定あり

表6 2018年度入試 東北地区国公立大学医学科変更点一覧

新潟大学

新潟大学の一般入試は、センター重視(750:450)のため、受験生に人気があります。従って、センター試験では約90%の高得点が要求されます。(表7)

志願倍率は3~5倍程度で、2段階選抜の予告はありません。また、面接点の配点はなく、面接については2段階の評価がされます。

推薦入試の志願倍率も3~5倍程度です。センター試験が課され、90%程度の得点が必要になります。

表7 新潟大学入試結果

表7 新潟大学入試結果

次のページ:私立大学 »

2022年度 夏期講習入室テスト/入室説明会高3東大・医学部完成プラン