自治医科大学 医学部医学科 H・Yさん(修猷館高等学校 卒業)

Q. 医学部受験を決めた時期や目指した理由を教えて下さい。
私が医師を目指し始めたのは小学校高学年ごろだったと思います。特別なきっかけがあったというより、単純に医師にあこがれていたというのが大きな理由です。当初は漠然とした考えでしたが、中学・高校受験を経て、本格的に進路を決める際、自分は医師として人を助ける仕事がしたいとはっきりと思うようになりました。身近に医療の現場で働く人がいたことも、医学部志望の理由の一つです。
Q. 苦手科目とその克服のためにしたことはなんですか?
私は理系に進みましたが、文系科目が得意だったので特に数学に苦しみました。浪人してからはとにかく数学の演習量を増やし、問題に慣れることを心がけました。また、現役時には知らなかった定理や解法のコツはとことん吸収し、1年かけて記述力と共に仕上げていきました。無理に得意にしようとするのではなく、人並みにできるようにしよう、という認識で取り組んでいましたが、そのおかげで張りつめすぎることなくできたと思います。
Q. どうやってモチベーションを維持しましたか?
秋頃はスランプ気味でうまく成績が伸びず、授業の予習復習も追いつかずで、かなり焦りが見え始めていたと思います。やる気が乗らない時もありましたが、その時は思いきって勉強に手を付けず、周りの友達と喋ったり趣味に没頭したりしました。そうすることでストレス解消になり、自習や授業に集中して取り組めるようになりました。モチベを上げようと意識しない方が良いかもしれません。
医学部を目指す受験生へメッセージ
医学部受験を乗り越えるには、やはり相応の努力が求められると思います。勉強に真面目に取り組む程、成績に一喜一憂したり、プレッシャーに弱くなったりしがちです。ですが、それは自分が人よりもずっと真剣に夢に向き合い、努力してきたことの証でもあると思います。まずは自分のことを誰よりも信じ、自信を持って受験に挑むといいと思います。このご時世ですので、体調に十分注意して頑張って下さい。皆さんの健闘を祈っています。