2020年度 合格の声 順天堂大学 O・Nさん

順天堂大学 医学部医学科(O・Nさん)
桜蔭高等学校 卒業/Y-SAPIX吉祥寺校 出身

Q.医学部受験を決めた時期や目指した理由を教えてください。

幼い頃からアレルギーを持っていた私を診察してくださった小児科医の先生に憧れたとともに、自分のような子どもを救いたいと思って医学部を受験しました。志望校を意識するようになったのは高校生になってからでしたが、選ぶ1つの基準として重視していたのは、臨床経験が豊富に得られるかどうかでした。国立大学はセンター試験の結果をふまえて地方の大学を受験しましたが、私立大学の中では順天堂大学を第1志望にしていました。

Q.受験生の間、楽しかったことを教えてください。
自宅よりも自習室で勉強する方が捗ったので、特に入試直前はY-SAPIXにいる時間が長かったのですが、職員の方々やインストラクターの方々との何気ない会話がとても楽しかったです。受験に関する話では気が引き締まり、他愛のない話で息抜きをさせてくれました。また、自習室で夜遅くまで勉強した後、同じく自習室に残っていた友人と一緒に帰ったこともよい思い出のひとつです。
Q.どうやってモチベーションを維持しましたか?

私はY-SAPIXのインストラクターの方々から受験時代の話や大学生活について聞くのが好きで、それが自分のモチベーションにつながっていました。高3になると自分もインストラクターになりたいという気持ちが強くなり、そのために何としてでも今年で受験を終わらせよう!と思い勉強に励みました。

Q.これから医学部を目指す人へ、メッセージをお願いします。

医学部は、入学定員が少ない上に受験で戦う相手が浪人生も多いため、簡単に手が届くものではないと思います。私自身、浪人覚悟で臨んでいました。だからこそ合格した時の喜びはとても大きかったですし、医学部入試といってもさまざまなタイプの試験があるので、自分に合った大学がきっと見つかると思います。面接・小論文も、練習を重ねる度に上達しているのが実感できるので、そういう意味では意外と楽しいです。最後まで諦めずに頑張ってください。