2016年度入試 国公立大学医学部・医学科の変更点

※最終的には募集要項で確認してください。

» 入試変更点を大学名で絞り込む

大学名 学部等 項目
札幌医科大学 全学[前] セ試科目 2015年度 歴公は全科目から選択
2016年度 歴公は歴B・公から選択
変更点 地歴A科目の選択不可に
弘前大学 医(医)[AO入試] 募集人員 2015年度 47名
2016年度 50名
変更点 3名増員
医(医)[前] 募集人員 2015年度 65名
2016年度 62名
変更点 3名減員
東京大学 全学 推薦入試 2015年度 実施しない
2016年度 実施する。
センター試験を課す。
募集人員は医—医3名。
変更点 新たに推薦入試を実施
理科三類[前] 募集人員 2015年度 100名
2016年度 97名
変更点 3名減員
横浜市立大学 医(医) 募集区分・ 推薦入試 2015年度 前期の一般枠(60名)・地域枠(25名)・神奈川県指定診療科枠(5名)
2016年度 前期の一般枠(60名)・地域枠(20名)・神奈川県指定診療科枠(5名)、及び指定校推薦入試(5名)
変更点 前期の地域枠は5名減員。
新たに指定校推薦入試を実施
山梨大学 医(医)[後] セ試科目 2015年度 歴公は歴B・公から選択
2016年度 歴公は歴B・倫政経から選択
変更点 現代社会・倫理・政治経済の選択不可に
信州大学 医(医) 募集区分 2015年度 分離分割(前期・後期)
2016年度 分離分割(前期のみ)
変更点 後期日程を廃止
医(医)[前] 2次科目 2015年度 外、数、理1(化)、論、面
2016年度 外、数、理2(物・化・生→2)、面
変更点 小論文廃止。理科は1科目から2科目に。物理と生物の選択可に
募集人員 2015年度 85名
2016年度 100名
変更点 15名増員
2段階 2015年度 7倍
2016年度 5倍
変更点 予告倍率を縮小
京都大学 全学 特色入試 2015年度 実施しない
2016年度 実施する
※推薦またはAOとして実施
変更点 新たに特色入試を実施
医(医)[前] セ試科目 2015年度 歴公は歴Bから選択
2016年度 歴公は歴B・倫政経から選択
変更点 「倫理、政治経済」の選択可に
2次科目 2015年度 面は50点
2016年度 面は段階評価
変更点 面接は点数化を廃止、段階評価に
配点比率 2015年度 250:1050
2016年度 250:1000
変更点 2次試験の比率を下げる
募集人員 2015年度 107名
2016年度 102名
変更点 募集人員減(新たに特色入試で5名募集)
和歌山県立医科大学 医(医)[前] 2次配点 2015年度 外200点、数250点、理250点、論100点の合計800点
2016年度 外200点、数250点、理250点、論50点の合計750点
変更点 小論文の配点を下げる
配点比率 2015年度 600:800
2016年度 600:750
変更点 2次試験の比率を下げる
鳥取大学 医(医)[前] 2次配点 2015年度 外200点、数200点、面200点の合計600点
2016年度 外200点、数200点、面100点の合計500点
変更点 面接の配点を下げる
配点比率 2015年度 900:600
2016年度 900:500
変更点 2次試験の比率を下げる
医(医)[後] 2次配点 2015年度 面200点
2016年度 面100点
変更点 面接の配点を下げる
配点比率 2015年度 900:200
2016年度 900:100
変更点 2次試験の比率を下げる
徳島大学 医(医)[前] 2段階 2015年度 募集人員の5倍
2016年度 セ試600点(900点満点)以上の者で募集人員の約5倍までの者を合格者とする
変更点 新たにセンター試験の得点による基準を設定
愛媛大学 医(医)[前] 2段階 2015年度 8倍
2016年度 6倍
変更点 予告倍率を縮小
熊本大学 医(医) 募集区分 2015年度 分離分割(前期・後期)
2016年度 分離分割(前期のみ)
変更点 後期日程を廃止
医(医)[前] 2段階 2015年度 5倍
2016年度 4倍
変更点 予告倍率を縮小
募集人員 2015年度 80名
2016年度 95名
変更点 15名増員