2021年度 国公立大学医学部 入試変更点

» 過年度のデータはこちら!

大学名で絞り込む

下記のチェックボックスをご利用いただくことで、大学を絞り込むことができます。(絞り込みの解除

※以下の情報は変更されている場合があります。必ず各大学による募集要項等を確認してください。

大学名 方式・日程 項目
北海道 総合型選抜 選抜方法 2020年度 第1次選考は調査書、個人評価書・自己推薦書・諸活動の記録を用いる
2021年度 第1次選考は調査書、コンピテンシー評価(高等学校等の教員が多段階評価)を用いる
変更点 一部の書類を削除、新たにコンピテンシー評価を実施
旭川医科 一般選抜
(前期・後期)
第1段階選抜 2020年度 10倍
2021年度 5倍
変更点 第1段階選抜の基準を変更
一般選抜
(前期)
2次試験 2020年度 英(100)、数(100)、面(150) 計350点
2021年度 英(150)、数(150)、面(50)  計350点
変更点 配点を変更
一般選抜
(後期)
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=550:350
2021年度 共通テスト:2次試験=600:250
変更点 配点比率を変更
共通テスト 2020年度 英(150)、国(100)、数(150)、歴公(50)、理(100) 計550点
2021年度 英(100)、国(150)、数(150)、歴公(50)、理(150) 計600点
変更点 配点を変更
2次試験 2020年度 理2、面
2021年度 外、面
変更点 理科2科目を廃止、新たに外国語
2020年度 理科[物、化、生→1](200)、面接(150) 計350点
2021年度 英語(200)、面接(50) 計250点
変更点 配点を変更
弘前 一般選抜
(前期)
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=1000:900
2021年度 共通テスト:2次試験=1000:500
変更点 配点比率を変更
2次試験 2020年度 外、数、面
2021年度 総合問題、面
変更点 外国語と数学を廃止、新たに総合問題
2020年度 英(300)、数(300)、面(300) 計900点
2021年度 総合問題(300)、面(200) 計500点
変更点 配点を変更
東北 一般選抜
(前期)
同点者の扱い 2020年度 同点者は原則として同順位とする
2021年度 合否ラインに並んだ場合、調査書等による主体性評価が高い志願者が優先的に合格
変更点 主体性評価が高い志願者が優先的に合格に
秋田 - 募集区分 2020年度 一般入試前期55名・後期20名、推薦入試49名
2021年度 一般選抜前期55名・後期[一般枠]20名・後期[秋田県地域枠]4名、学校推薦型選抜45名
変更点 後期に秋田県地域枠を設置。学校推薦型選抜は4名減員
一般選抜
(後期[秋田県地域枠])
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=700:300
2021年度 共通テスト:2次試験=450:250
変更点 配点比率を一般枠よりも2次重視に
筑波 一般選抜
(前期)
募集区分 2020年度 学類・専門学群ごと
2021年度 現在の学類・専門学群ごとの選抜は「学類・専門学群選抜」とし、このほかに「総合選抜(文系、理系 I、理系 II、理系 III)」を新設
変更点 新たに「総合選抜(文系、理系 I、理系 II、理系 III)」を実施。受入定員は5
一般選抜
(前期「学類・専門学群選抜」)
2次試験 2020年度 数は II・ III・B
2021年度 数は I・ II・ III・A・B
変更点 出題科目を変更
2020年度 面接+適性試験あわせて500点
2021年度 面接(200)、適性試験(300)
変更点 配点を変更
千葉 一般選抜
(前期・後期)
基準点 2020年度 なし
2021年度 2次試験等の得点が受験者の平均点に満たない教科・科目等があった場合には不合格とすることがある
変更点 基準点を追加
東京 学校推薦型選抜 推薦人数 2020年度 1校からの推薦人数は合計2名まで(男女各1名以内)
2021年度 1校からの推薦人数は合計4名まで(男女各3名以内。同一学部・学科へは男女各1名以内)
変更点 1校からの推薦人数を変更
一般選抜
(前期)
共通テスト 2020年度 英はリスニングの成績を利用しない
2021年度 英はリスニングの成績も利用する
変更点 リスニングの成績も利用に
横浜市立 一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 倍率が約3倍
2021年度 共通テストの成績が原則として750点以上で倍率が約3倍
変更点 第1段階選抜の基準を変更
山梨 一般選抜
(後期)
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=800:1200
2021年度 共通テスト:2次試験=1100:1200
変更点 配点比率を変更
共通テスト 2020年度 英(300)、国(200)、数(100)、歴公(100)、理(100) 計800点
2021年度 英(600)、国(200)、数(100)、歴公(100)、理(100) 計1100点
変更点 配点を変更
信州 一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 約5倍
2021年度 約4倍
変更点 第1段階選抜の基準を変更
共通テスト 2020年度 理は物・化・生・地学→2
2021年度 理は物・化・生→2
変更点 地学の選択不可に
金沢 一般選抜
(前期)
調査書 2020年度 点数化しない
2021年度 点数化する(配点は合計配点の概ね2%)
変更点 調査書を点数化
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=450:700
2021年度 共通テスト:2次試験=450:1050
変更点 配点比率を変更
2次試験 2020年度 外、数、理2、面
2021年度 外、数、理2、口述試験
変更点 面接を口述試験に変更
2020年度 英(200)、数(200)、理(200)、面(100) 計700点
2021年度 英(300)、数(300)、理(300)、口述試験(150) 計1050点
変更点 配点を変更
一般選抜
(後期・理系一括)
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=200:300
2021年度 共通テスト:2次試験=400:600
変更点 配点比率を変更
共通テスト 2020年度 英(100点)、数(100点) 計200点
2021年度 英(200点)、数(200点) 計400点
変更点 配点を変更
2次試験 2020年度 理(300点) 計300点
2021年度 理(600点) 計600点
変更点 配点を変更
特別選抜 募集区分 2020年度 推薦入試・AO入試を実施する
2021年度 医学保健(薬)は「高大院接続入試」を、その他の学域・学類は「KUGS特別入試」・「超然特別入試」を実施する
変更点 新たに「高大院接続入試」・「KUGS特別入試」・「超然特別入試」を実施
名古屋 一般選抜
(前期)
2次試験 2020年度 面接を実施
2021年度 面接に替わって志願理由書を中心とした書類審査を実施
変更点 面接を書類審査に変更
2020年度 外は英・独・仏・中→1
2021年度 外は英のみ
変更点 英語のみに
2020年度 国語は国語総合、現代文B、古典B
2021年度 国語は国語総合、現代文B(古文・漢文を除く)
変更点 主題科目・範囲を変更
一般選抜
(後期)
第1段階選抜 2020年度 900点中の720点以上が合格
2021年度 共通テスト得点順に上位60人程度が合格
変更点 第1段階選抜の基準を変更
名古屋市立 一般選抜
(前期)
配点比率 2020年度 共通テスト:2次試験=500:700
2021年度 共通テスト:2次試験=550:1200
変更点 配点比率を変更
共通テスト 2020年度 理は物・化・生・地学→2
2021年度 理は物、化
変更点 生物・地学の選択不可に
2020年度 英(100)、国(100)、数(125)、歴公(50)、理(125) 計500点
2021年度 英(125)、国(125)、数(125)、歴公(75)、理(100) 計550点
変更点 配点を変更
2次試験 2020年度 理は物・化・生→2
2021年度 理は物、化
変更点 生物の選択不可に
2020年度 英(150)、数(150)、理(200)、面(200) 計700点
2021年度 英(300)、数(300)、理(400)、面(200) 計1200点
変更点 配点を変更
学校推薦型選抜 募集区分 2020年度 実施しない
2021年度 実施する(共通テストを課す)
変更点 新たに名古屋市高大接続推薦入試を実施
滋賀医科 一般選抜
(前期)
共通テスト 2020年度 英はリスニングの成績を利用しない
2021年度 英はリスニングの成績も利用する
変更点 リスニングの成績も利用に
京都 一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 セ試の合計が900点中630点以上の者のうち、募集人員の約3倍まで
2021年度 募集人員の約3.0倍
変更点 第1段階選抜の基準を変更
京都府立医科 一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 約4倍
2021年度 約3倍
変更点 第1段階選抜の基準を変更
2次試験 2020年度 外、数、理2、面
2021年度 外、数、理2、論、面
変更点 新たに小論文
大阪 一般選抜
(前期)
面接 2020年度 面接の結果によって、医師及び医学研究者になる適性に欠けると判断された場合は、筆記試験の得点に関わらず不合格とする
2021年度 面接の結果によって、医師及び医学研究者になる適性に欠けると判断された場合は、筆記試験の得点に関わらず不合格とする。なお、複数の面員による評価を参考にして、場合によっては、複数回の面をすることがある
変更点 「複数の面接員による評価を参考にして、場合によっては、複数回の面接をすることがある」旨の補足を追加
大阪市立 一般選抜
(前期)
出願資格 2020年度 大阪府出身者のみ出願可
2021年度 全国から出願可
変更点 出身地による出願制限を廃止
神戸 一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 900点中の650点以上が合格
2021年度 募集人員の約3倍を超えた場合に行うことがある
変更点 第1段階選抜の基準を変更
鳥取 一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 実施しない
2021年度 900点中の600点以上が合格
変更点 新たに第1段階選抜を設定
山口 一般選抜
(前期)
共通テスト 2020年度 理は化と、物・生→1
2021年度 理は物・化・生→2
変更点 化学は必須から選択に
香川 - 募集区分 2020年度 一般入試は前期・後期
2021年度 一般選抜は前期のみ
変更点 後期募集を廃止
一般選抜
(前期)
第1段階選抜 2020年度 約5倍
2021年度 約4倍
変更点 第1段階選抜の基準を変更
配点比率 2020年度 共通テスト:個別試験=900:700
2021年度 共通テスト:個別試験=700:700
変更点 配点比率を変更
共通テスト 2020年度 英(200)、国(200)、数(200)、歴公(100)、理(200) 計900点
2021年度 英(100)、国(200)、数(100)、歴公(100)、理(200) 計700点
変更点 配点を変更
愛媛 - 募集区分
募集人員
2020年度 一般入試前期40名・後期25名、推薦入試45名
2021年度 一般選抜前期55名、学校推薦型選抜45名、総合型選抜10名(共通を課す)
変更点 前期は15名増員、後期は募集廃止。新たに総合型選抜を実施
一般選抜
(前期)
配点比率 2020年度 共通テスト:個別試験=550:700
2021年度 共通テスト:個別試験=450:700
変更点 配点比率を変更
共通テスト 2020年度 英(100)、国(200)、数(100)、歴公(50)、理(100) 計550点
2021年度 英(100)、国(100)、数(100)、歴公(50)、理(100) 計450点
変更点 配点を変更
2次試験 2020年度 外、数、理2、面
2021年度 総合問題、数、理2、面
変更点 外国語を廃止、新たに総合問題
2020年度 英(200)、数(200)、理(200)、面(100) 計700点
2021年度 数(200)、理(200)、面(100)、総合問題(200) 計700点
変更点 配点を変更
長崎 一般選抜
(前期)
調査書 2020年度 点数化しない
2021年度 点数化する(40点)
変更点 調査書を点数化
配点比率 2020年度 共通テスト:個別試験=450:760
2021年度 共通テスト:個別試験=450:800
変更点 配点比率を変更
大分 一般選抜
(前期)
配点比率 2020年度 共通テスト:個別試験=450:600
2021年度 共通テスト:個別試験=450:550
変更点 配点比率を変更
2次試験 2020年度 英(100)、数(100)、理(200)、面(200) 計600点
2021年度 英(100)、数(100)、理(200)、面(150) 計550点
変更点 配点を変更

» 過年度のデータはこちら!