2018東大入試状況「最終合格者の合格最低点」

「2018東大入試状況」一覧
1. 出願状況 2. 第1段階選抜の合格最低点 3. 最終合格者の合格最低点 4. 現浪別割合 5. 男女別割合 6. 出身地別割合 7. 推薦入試の出願状況 8. 推薦入試の合格状況

センター試験と2次試験の総合点

センター試験と2次試験の総合点については、志願倍率や各年度のセンター試験と東大の2次試験の難易度に加えて、2次試験の「採点基準」も点数への影響が出ることをふまえながら、公表された点数をみてみましょう。

文科の近年の動向は「2013~2015年度の低下」「2016年度以降は横ばい」という2つの動きがみられます。2013年度からの3年間は、低めの志願倍率や第1段階選抜の不実施などによって、連続で合格最低点が低下しました。2次試験の「採点基準」の影響もありますが、この期間は総合点で50%台の最低点もみられました。しかし2年前の2016年度に各類の最低点が4年ぶりの上昇に転じ、以降は概ね横ばいの点数が続いています。2016年度からの3年間は、文科については最低点の「安定期間」といえます。なお、文科各類の序列は一部の例外を除いて、高い順に文一>文二>文三となっています。【図表⑥⑦参照】

【図表6】2018年度合格者数等
【図表7】文科の合格最低点(総合550点中の得点率)の推移

理科は文科と異なり、点数の低下が3年以上続くなどの状況はみられません。2014年度から前回までの4年間は合格最低点の上昇が続き、特に前回の2017年度は各類とも3~4%も最低点が上昇しました。理科は各類ともに、最低点の公表が始まった2001年度以降で最も高い点数であったことが注目されました。ただし今回の2018年度は、一転して各類の最低点が3~5%も低下しました。要因として前回よりも数学や物理が難化し、得点しにくかったのではとみられます。

文科と同様に理科各類の序列をみると、概ね理三>理一>理二となっています。一類と二類については、ほぼ横並びのこともありましたが、2012年度以降は概ね一類が2~3%高くなっています。【図表⑥⑧参照】

【図表6】2018年度合格者数等
【図表8】理科の合格最低点(総合550点中の得点率)の推移