防衛医科大学校

防衛医科大学校の情報

所在地 〒359-8513 埼玉県所沢市並木3-2
大学HP http://www.ndmc.ac.jp/
医学部HP -
沿革 ・昭和48年[1973年]……… 防衛医科大学校開設
附属病院
研究施設
・防衛医科大学校病院(埼玉県所沢市)
・防衛医学研究センター(埼玉県所沢市)

防衛医科大学校のオープンキャンパス情報(2022年)

※日程等詳細は大学HP等で必ず確認してください。

防衛医科
日程 -
会場 オンライン
URL Webサイト
事前申込 -
概要 オンライン懇談会

» オープンキャンパス情報一覧はこちら!

防衛医科大学校の選抜方法(2023年度)

表の見方
  1. この一覧表は、2023年度私立・準大学医学部医学科の一般選抜の入試科目と配点です。
  2. ●は受験必須の教科・科目、○は必須教科内の選択科目、◇は教科をまたがる選択科目です。下段が配点で、理科のみ科目数(丸数字)+配点となっています。1次試験の合計欄の上段は教科数-科目数です。
  3. 1次試験について、【数学】出題範囲は理科と共に別表「私立・準大学 数学・理科の出題範囲」を参照してください。【理科】全科目「基礎」と「専門」を合わせたものです。
  4. 掲載した全ての項目は、必ず各大学の募集要項で確認してください。
1次試験 2次試験 備考
数学 理科
A B
防衛医科   83   国(現)、小論文 4-5 10/22     口述試験 12/14~16
指定
※37
        非公表      
備考
※1 募集人員は地域枠を含む。地域枠は別途岩手県による面接(段階評価)あり
※2 小論文、面接は5段階評価を行い点数化する
※3 1次試験の面接は学力試験合格者のみで1/24または1/31に実施
※4 募集人員は栃木県地域枠を含む。栃木県地域枠は別途面接あり。1次試験は両日受験可
※5 小論文は2次試験の判定に使用
※6 小論文は2次試験の判定に使用
※7 小論文は2次試験の判定に使用
※8 募集人員は地域枠を含む。東京都地域枠は別途面接あり
※9 小論文は2次試験の判定に使用
※10 指定英語資格取得者のみ出願可
※11 小論文は2次試験の判定に使用
※12 英、理、<数・国>から1選
※13 英、理、<数・国>から1選
※14 募集人員は特別地域枠を含む。1次試験は複数日受験可。英、<数・物・化・生・国>から2選
※15 小論文、面接は5段階評価、調査書等は3段階評価を行う
※16 適性、小論文は2次試験に使用
※17 募集人員は地域枠を含む。英、数、理に基準点あり。基礎学力は2次試験に使用
※18 募集人員は地域枠を含む。地域枠は2次面接の配点が120点
※19 募集人員は地域枠を含む。東京都地域枠の1次合格者の2次試験は2/11
※20 募集人員は地域枠を含む
※21 募集人員は相模原市修学資金枠を含む。相模原市修学資金枠は別途面接あり
※22 英・数・理に基準点あり
※23 英・数・理に基準点あり
※24 1次試験は両日受験可
※25 小論文、面接は5段階評価
※26 募集人員は愛知県地域枠を含む。英・数に基準点あり。面接は5段階評価
※27 募集人員は愛知県地域枠を含む。英・数に基準点あり。面接は5段階評価
※28 募集人員は大阪府地域枠を含む。小論文は2次試験の判定に使用
※29 小論文は2次試験の判定に使用
※30 後期の募集人員は共通テスト利用選抜と合わせて5人
※31 募集人員は地域枠を含む
※32 募集人員は地域枠を含む
※33 募集人員は兵庫県推薦枠を含む。小論文は2次判定に使用
※34 指定英語資格取得者のみ出願可。2次試験の「その他」は英語(150点)の他に英語資格検定試験等(40点)。小論文は2次判定に使用
※35 募集人員は地域枠を含む。小論文は2次判定に使用
※36 小論文は面接の参考資料とする
※37 小論文は2次試験の判定に使用。2次試験に身体検査あり
表の見方
  1. この一覧表は、2023年度私立・準大学医学部医学科の数学・理科の出題範囲です。
  2. 各大学の出題範囲は、原則、【数学】Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Aの全範囲とBの数列とベクトル、【理科】物理+物理基礎、化学+化学基礎、生物+生物基礎の全範囲です。特記事項がある場合には、注釈として記載しています。
  3. 数学A・Bの分野について、「確率」=場合の数と確率、「図形」=図形の性質、「整数」=整数の性質、「数列」=数列、「ベク」=ベクトル、「統計」=確率分布と統計的な推測です。
  4. 掲載した全ての項目は、必ず各大学の募集要項で確認してください。
大学 数学 理科 備考
A B 物理
物理基礎
化学
化学基礎
生物
生物基礎
地学
地学基礎
確率 図形 整数 数列 ベク 統計
防衛医科 - 全範囲 全範囲 全範囲 -  
表の見方
  1. この一覧表は、2023年度入学者の私立・準大学医学部医学科の学費です。千円未満は四捨五入しています。
  2. 共用試験受験料は含みません。寮費については備考欄を参照してください。
  3. 「入学手続時最少額」とは、手続完了時までに必要な金額です。2段階納入方式の場合は2段階完了までの金額です。
  4. 「入試特待制度」は、入試成績優秀者に対する学費減免・特待制度の有無に限って掲載しています。入学後の学内成績がかかわるものは含みません。
  5. 掲載した全ての項目は、必ず各大学の募集要項で確認してください。
大学 初年度納入額 入学手続時
納入額
6年間
合計額
その他
(諸会費等)
入試
特待
制度
備考
入学金 授業料 実習・設備
教育充実費
合計 初年度 6年間計
防衛医科 入学金・授業料などの納入はなし。学生は特別職国家公務員であり、11.7万円/月(2022年1月1日現在)の学生手当と年2回の期末手当が支給される。卒業後9年未満で自衛隊を離職する場合は、償還金を償還しなければならない。(例)令和3年3月の卒業生の償還最高額4,305万円
備考
※1 1年次は全寮制。寮費は年額83.6万円
※2 最大55人まで修学資金が貸与される
※3 学費は全額修学資金として貸与される。入学時学業準備費40万円を貸与。6年間全寮制(寮費は8,500円/月)
※4 毛呂山会支部会費は5千円~4万円/年
※5 その他(諸会費等)欄の年額11万5千円のうち7万円は海外臨床実習のための積立金
※6 2022年度学費
※7 初年度のみ、別途「寮費・諸会費(359,800円~389,800円)」が必要。詳細は入学手続要項
※8 1年次は全寮制(寮費は年額82.7万円)  ※9 1年次全寮制(寮費・食費は年額112.5万円)
※10 学生全員に修学資金(初年度約380万円、6年間で約1,919万円)が貸与される。下段は貸与分を差し引いた実質負担額
表の見方
  1. この一覧表は、2023年度私立・準大学医学部医学科の「一般選抜」「共通テスト利用方式」の入試スケジュールです。
  2. 特別選抜のスケジュールについては、別表「私立大学 総合型・学校推薦型選抜」を参照してください。
  3. 掲載した全ての項目は、必ず各大学の募集要項で確認してください。
大学 方式 日程等 募集
人員
出願期間 1次
試験日
1次
合格
発表
2次
試験日
最終
合格
発表
入学
手続
締切
1次試験場








防衛医科 一般   83 7/1 10/12 10/22 12/1 12/14~16指定 1/31            

» 選抜方法の詳細はこちら!

防衛医科大学校の入試結果(2022年度)

表の見方
  1. 志願倍率は志願者数÷募集人員
  2. 実質倍率は受験者数÷合格者数
  3. 受験者数を公表していない大学は志願者数を表示
  4. 第1段階選抜の不合格者には共通テスト科目不足等の無資格者を含む場合もある。
大学 方式 募集枠 募集
人員
志願
者数
受験
者数
1次
合格
者数
2次
受験
者数
合格
者数
志願
倍率
実質倍率 合格
最低
得点率
2022年 2021年
防衛医科 一般   85 - 5,391 - - 330 - 16.3倍 14.8倍 -

» 過年度の入試結果はこちら!

防衛医科大学校の入試変更点

» 今年度の入試変更点一覧はこちら