京都大学の入試概況

変更点、特色入試

京大特色入試の概要

2018年度は薬学部の制度変更があります。一般入試では薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)の学科別募集から両学科一括募集(定員74人)となります。学科振り分けは4年次進級時になり、3年次後期に本人希望と成績で選択されることになります。特色入試では、薬学科が新たに募集を行い、薬科学科とともに学科別募集になります(各学科3人)。出願時に学科選択するので(入学後の変更は不可)、将来ビジョンが定まっている高校生が対象となります。

2018年度の特色入試は新たに3学科が加わり全学部学科で実施されることになります。選抜方法は書類審査と各学部が定める方法によって、高校での学修における行動や成果、学部学科教育を受けるにふさわしい能力を論述試験、口頭試問などで評価されます。

2021年の選抜方法変更予告は2019年春頃

現在中学3年生の方は、大学入試が大きく変わる年に受験することになります。今の大学入試センター試験に代わって「大学入学共通テスト」が実施されます。それに伴い京都大の入試がどうなるかは、ルール的には実施の2年前には受験生に告知することになっているので、おそらく2019年の3月頃には何らかの変更予告が大学から発表されるものと思われます。

次のページ:まとめ »