先輩インストラクターに聞く「受験直前期の過ごし方」

5. 2次試験受験の際に宿泊する場合、注意すべきことは?

宇野

便利な場所にある宿の確保です。

ホテルは試験直前にはどこもいっぱいになります。予約はキャンセルできるので、京大に限らず受ける可能性のある大学の近くのホテルはできるだけ予約しておくことをお勧めします。大学から遠いホテルでは、当日の朝、時間の余裕が無くなってしまいます。落ち着いて試験を受けるためにも宿はしっかりと確保してください。

行廣

交通手段の綿密なチェックを!

ホテルを決める時には、皆さんが思っているより綿密なチェックが必要なことがあります。例えば、京都では車線数の減少によって、四条通を通るバスは予定時刻よりはるかに時間がかかることがあります。是非通っている先輩にアドバイスを貰うことをお薦めします。

6. センター試験・2次試験の当日に困ったことはありますか?

宇野

移動手段の確保です。

2次試験会場まで、初めはバス等の公共交通機関で行こうと思っていましたが、朝の混雑具合を考えてタクシーで行くことにしました。しかし、どのタクシー会社も予約がいっぱいでなかなか確保することができませんでした。

行廣

大学構内で迷ったことです。

私は、2次試験で試験会場である建物が大学構内のどこにあるかわからず、30分程度迷いました。結局、アメフト部の方に連れて行っていただき会場につくことはできましたが、大学の位置だけではなく、大学構内についても下見をするか、インターネットで確認しておいてください。

7. 京大志望のみなさんへメッセージ・アドバイスをお願いします。

宇野

京大の試験、特に数学は小問がないため、どこから手をつけていいか迷うことも多いと思います。そんな時に自分の力になるのは、どれだけ自分が問題に対して悩んだり、あれこれ試して考えたりしたかだと思います。わからない問題に出会った時に諦めるのではなく、じっくり考える経験が本番の試験での突破口となると思います。

京大には様々な個性豊かな人や、自主ゼミを開いたりする人たちがいます。そんな環境で学ぶという経験はなかなかできないと思うので、ぜひ京大に入って、京大でしか過ごせない学生生活を送ってください。

行廣

私は就活を通じて他大学の方ともお会いしましたが、京大は面白い(変わった)人が多いです。私はこんな変わった人たちの中で大学生活を送ることができてよかったと思います。なぜなら、型にはまった考えに縛られずに社会に出られるからです。皆さん是非京大に来てください!今までよりも確実に挑戦的な人生を歩めると思います!

アドバイスは一つだけです。「自分に嘘をつかずに日々努力する」。みなさんは自分に嘘をついていませんか?本当に日々自分の100%を出し切って努力していますか?私はまだ平均75%です(笑)。共に日々精進しましょう!

8. その他、京大志望の皆さんに伝えたいことを一言!

宇野

模試等の結果に一喜一憂するのではなく、自分の課題を見つけてそれを一つ一つ改善していってください。最後まであきらめない姿勢が合格に繋がると思います。

京大には、京大でないとできない経験がたくさんあります。素晴らしい先生方もたくさんいます。切磋琢磨できる同級生もいます。京大は学問をするのにはうってつけの環境だと思います。諦めずに合格を勝ち取ってください!

行廣

周りは気にせず自分を貫いてください。

「安定より挑戦を!」

スタッフからみなさんへ

高1・高2生のみなさんへ
皆さんには入試本番まで時間があります。自分の将来に向き合う時間です。皆さんが思っている以上に、将来には可能性があります。もしかしたら、今皆さんが下している判断(文理選択など)も可能性を狭めているかもしれません。それらの判断がより良いものになるように、是非今のうちに「自分は将来何がしたいか」を真剣に考えてみてください。
高3生のみなさんへ
本当にラストスパートです!志望校・学部や判定は人それぞれだと思いますが、自分のベストを尽くしましょう。きっと不安な人もいると思いますが、それは本当にみんな同じです。みんな不安の中で必死に頑張っています。受験の中で、「何で自分だけこんなにしんどいんだ」と、辛くて折れそうな時もあると思いますが、みんなも同じ気持ちで頑張っていることは忘れないでください。