「東大国語」学習アドバイス

試験概要

配点 文科 120点/理科 80点
試験時間 文科 150分/理科 100分
大問数 文科4問(現代文2、古文1、漢文1)
理科3問(現代文1、古文1、漢文1)

Ⅰ 東大国語の特徴と傾向分析

問題構成は上表のとおりで、この形式は2000年度以降、変わっていません。

現代文の漢字書き取り問題、古文・漢文で時折出題される本文の抜き出し問題を除いて全て記述説明問題です。

本文内容はおおむね標準的であり、難解な文章が用いられることはほとんどありません。全体として文脈を踏まえた本文の正確な読解力、および比較的狭い解答欄に的確で簡潔な説明を盛り込む記述力が求められています。

なお、制限字数が明記されているのは、第1問の設問5のみ(100字以上120字以内)。現代文のそれ以外の説明問題は、すべて縦135mm × 横10mmの解答欄が2行。古文・漢文では解答欄1行、1.5行、0.5行程度と、設問によって様々です。

次のページ:学習アドバイス —— 「わかる」とは何か »