京大特色入試と阪大世界適塾入試 2017年度選考結果

大阪大学「世界適塾入試」合格者数は118人 充足率44%

大阪大の合格者数は118人で、充足率(最終合格者÷募集人員)は44%と低い数値になりました。もっとも志願者自体がゼロのところがあり、法学部法学科、医学部保健学科(3専攻)、外国語学部(20専攻)では募集が機能しなかったことになります。大阪大を志望する受験生にとって出願要件の壁が高い学科には集まりが悪く、合格者も出なかったという結果となりました。

外国語学部の合格者は7人で充足率は11%にとどまりましたが、専攻別に志望するとなると進路選択の段階でそれぞれの言語情報・文化を理解しておくことが求められます。実施初年度ということもあって、進路選定に要する準備が足りなかったのではと思われます。

一方で、工学部や基礎工学部では推薦要件や提出書類が比較的緩いこともあり志願者は集まりましたが、合格者は工学部で欠員が生じ基礎工学部でほぼ充足するといった違いが見られました。

次のページ:神戸大学でも新方式入試“「志」特別入試”2019年度より実施 »