先輩座談会「合格までのカウントダウン」

12月…センターが迫ってきました

緊張やストレスなどはありましたか?

K.S.

センターに対して緊張したことはありませんでした。2次試験の対策をしっかりしていれば、難易度の点においては、センターよりも難しい問題を普段から解いているはずの古典・数学・英語・理科に関しては心配の必要はありません。これらの科目で問題になるのは時間の使い方だけだと思います。冠模試が終わってからは、世界史の復習を普段の勉強の中に組み込むようになったこと以外は、12月中はそれまでと同様の勉強を行っていました。12月中には各予備校が直前のセンター模試を実施するのでこれは受けていました。

W.M.

それなりにストレスはあったはずです。でも、友人とおしゃべりしたり、難しい問題を一緒にあれこれ言いながら解いていたりしたのがいいストレス発散になっていたと思います。1人なのと、1人じゃないのは全然違います! また、笑うこともストレス解消につながります。1人じゃ笑うことも少なく精神的にしんどくなっても、友人といればちょっとしたことでも笑えるし、しんどい時も話を聞いてもらうだけで楽になります。

T.M.

もともと緊張に弱い人間なので試験が近づくにつれて気分が落ち込んでいきました。対処法なのですが、1日の中でなるべく勉強から完全に離れる時間をつくることが大切だと思います。私の場合は体を動かすことがストレスの解消であったので、暇さえあれば(週に5日、1日1時間程度)走るようにしていました。ほとんど習慣化しており、センター試験の前日でもルーティンワークとして走っていました。そのおかげか体力もつき、1度も体調を崩すことなく受験を乗り切ることができました。

次のページ:1月…センターまであと数日です »

2022年度 夏期講習入室テスト/入室説明会高3東大・医学部完成プラン