京大花山天文台レポート

京都千年天文学街道「京大花山天文台ハイキングコース」

2010年に小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還して日本中が沸き、またNASAが「第二の地球」を発見し、地球外生命体の発見への期待が垣間見えた。宇宙に関する話題は常に刺激的で、天体観測などは童心に帰って楽しむことができる。

京都大学は京都市山科区に花山天文台を持っており、京都千年天文学街道ツアー「京大花山天文台ハイキングコース」に同行させていただき取材をした。京都ならではの歴史と天文学という二つのテーマとの関連を、実際に足を動かして味わうことができる。これは、認定NPO法人花山星空ネットワークが主催、京都大学天文台が共催しており、小学生以上であれば誰でも参加可能である。京都と天文学の魅力を満喫してきた。

次のページ:天文と花山天皇の退位の関係 »