東大入試状況

2020東大入試状況「志願者数・志願倍率」

2020年度前期日程の志願者数は全6科類の合計で2019年度よりも224人、率にして2.4%減少の9,259人でした。志願者の減少は2年連続となります。

2019東大入試状況「出願状況」

2019年度の前期日程の志願者数は全6科類の合計で2018年度よりも192人、率にして2.0%減少の9,483人でした。志願者の減少は2016年度以来で3年ぶりのことです。

2018東大入試状況「出願状況」

2018年度の志願者数は、前期日程の合計では2017年度よりも141人、率にすると1.5%の増加で、直近の6年間(2013年度以降)では最多の志願者数(9,675人)となりました。

2017東大入試状況「志願者数・志願倍率」

2017年度の志願者数は、前期日程の合計では2016年度よりも256名、率にすると2.8%の増加で、直近の5年間では最多の志願者数となりました。

2015東大入試状況「志願者数と志願倍率」

15年度の前期日程全体の志願者は9,444人(前年比+0.3%)と2年連続で増加となりました。センター試験が大幅に難化した13年度は、東大の志願者も9,329名(前年比-6.6%)と大きく減少し、また、14年度は新課程移行の境目であったことから東大・京大をはじめとする難関国立大学が敬遠される傾向にありました。

2014東大入試状況「志願者数と志願倍率」

前期日程全体の志願者数は9,415人(前年比+0.9%)と13年度よりわずかに増加しましたが、13年度が前年比−6.6%だったため、過去の志願者数と比較するとそれほど多くはありませんでした。