動き始めた 国立大の工学系6年一貫制教育

名工大 6年一貫の教育コース「創造工学教育課程」

名古屋工業大では、2016年に学部4年間と大学院博士前期過程2年間を接続する6年一貫の教育コース「創造工学教育課程」をスタートさせています。ここでは、学部と大学院の壁を取り払い、ストレートに大学院に進学できるため、学部3年次後期から大学院修士課程卒業までの3年半の間、研究活動にじっくり取り組むことが出来ます。学生は1年生後期に13の専門分野から自分の興味・関心に基づいて主軸の分野を決め、その分野をベースに他の工学分野も横断的に学ぶことのできるプログラムになっています。

創造工学教育課程と従来型との違い

2018年度入試の募集人員は表のとおりです。なお、一般入試ではセンター試験(5教科7科目)と数学・理科・英語の2次試験に加え、小論文と集団面接(いずれもA・B・Cの3段階評価)が課されます。

名古屋工業大【創造工学教育課程】2018年度入試の募集人員

次のページ:文科省が進める 工学系教育改革 »