京大一般入試 現役が強い学部・志願者の多い地区

医(医)は地域限定、教育は広域から入学

医学科では入学者のほぼ8割が上位5府県の寡占状態となっています。最も多い兵庫県(42人)では灘、甲陽学院、白陵、続く京都府(18人)では洛南、洛星、といった京都大医学部に強い私立高校の存在が数字にあらわれています。一方、教育学部は上位5府県の割合は5割を下回り、膳所(滋賀県)、天王寺(大阪府)、旭丘(愛知県)など公立高校出身者も多く、幅広い地域から多様な学生が入学しているという違いがあります。

医(医)と教育 都道府県別入学者上位5/医(医)と教育 現役入学者割合の推移

次のページ:地区別志願者 近畿で減少、関東・中部で増加 »